くすみは、お肌が荒れていたり、色むらがある状態のことです。
黒ずみとの違いは、黒ずみは分泌されたメラニン色素がはがれ落ちずに沈着して残ったもので、くすみは、肌荒れや血行不良、新陳代謝の乱れにより角質が厚くなったことで、お肌の透明感が失われ、一時的に黒ずんで見える状態のことです。

くすみはその要因により、いくつかに分けられますが、大きくは以下の2つです。
・ターンオーバーの乱れによるくすみ
お肌がザラザラしたように感じるくすみです。
ターンオーバーの乱れにより古い角質がたまり、角質層が厚くなり、薄い色が重なって黒く見えます。
ターンオーバーの乱れの原因には、紫外線と乾燥、そして加齢です。
シミや黒ずみ同様、紫外線によりメラニン色素が分泌され、お肌の角質が黒ずんできます。
乾燥したお肌は、紫外線をより通しやすくなりますので、ダメージが大きくなります。
また、加齢により、ターンオーバーの能力が低下し、古くなった角質がはがれ落ちにくくなり、メラニン色素が溜まってきます。
ストレスも大敵です。
ストレスを受けると自律神経が乱れ、その結果、ターンオーバーが乱れてきます。

角質層の改善には、皮膚の表面を少しだけはがすピーリングが効果的です。
ピーリングは、皮膚の表面にある古くなった角質層を少しだけはがして新しい細胞を生成します。
その結果、コラーゲンが増え、ターンオーバーが活発になり、透明感のあるお肌を取り戻します。
ピーリングは、くすみだけでなく、シワやたるみ、毛穴の黒ずみなどの改善も期待できます。
ご自宅でできるピーリングもありますが、できれば皮膚科にご相談してください。
そして、皮膚の奥にあるコラーゲンを増やすために、レチノールを含んだ化粧費をおすすめします。

・血行不良によるくすみ
お肌が青黒く見えるくすみです。
血行不良の原因には、身体の冷えや睡眠不足、ストレス、喫煙などがあります。
そのため、血行不良によるくすみの改善には、身体全体のリラックスです。
お風呂にゆっくりつかって身体を温めるとか、睡眠をしっかり取るなどが効果的です。
そして、冷たい飲み物は避けましょう。
冷たい飲み物は、身体を内部から冷やし、血行を悪くします。
飲み物は、温かいものをゆっくり飲むようにしましょう。
ストレスは、交感神経を刺激するため緊張が高まり、血行不良をおこします。

また、一日中座っている仕事の方は、運動不足も手伝って、より血行が悪くなります。
週に1~2回で良いので、ウォーキングなどの軽い運動をしましょう。
代謝が良くなり、血行も良くなります。