胃腸や肝臓など、内臓が荒れていると、吹き出物が出現することがありませんか?

不足するといろいろなトラブルの原因となるのがビタミン。

肌のトラブルが起きたとき、皮膚科が処方してくれるのは、おもにビタミンB2、B6、Cです。ビタミンB2が不足すると、皮脂の代謝がスムーズにいかなくなります。皮膚や粘膜、爪などの健康を維持してくれている成分のひとつです。

ビタミンB6は、脂肪やたんぱく質の代謝をスムーズにし、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。皮膚の表皮や髪の毛の材料となっています。Cは、コラーゲンの生成を助け、免疫力を高めるのを助けています。不足すると、シミ、シワ、肌老化などの原因となります。

つまり、ニキビができやすくなっているとき、肌荒れを起こしているとき、ビタミン不足を疑います。皮脂をコントロールしているのがビタミンB2やB6だからです。

ただ、ニキビのすべての原因がビタミン不足にあるということではなく、ビタミンCさえ飲めば肌荒れが治るということではありません。ニキビ治療でビタミンCが処方される場合、ニキビの直接的な治療ではなく、二次的な色素沈着を防ぐことを目的としていることがあるのです。

例えばビタミンCは、体内のいろいろな臓器の組織をスムーズに機能させるために使われているため、肌だけに直接的に効果は現れません。遮二無二ビタミンをサプリメントなどで補給しても、水溶性の性質をもつB群やCは尿とともに排泄されてしまいます。AやEなど油溶性のものについては体内に蓄積され害を及ぼす可能性さえあります。

つまり、サプリメントで過剰に補うより、日常のバランスのよい食事を心がけることが美肌への一番の近道、ということです。