「天柱」は頭部の疾患のほか、めまい頭痛、目の、疲れにも効くツボです。肩こりなどの筋肉のこわばりからくる緊張性の頭痛にも高価があります。「天」は鎖骨から上を示し、「柱」は大切な部八万を支えるという意味です。突然、痛みが走ったり、鈍い痛みが続くなど、不快な頭痛。もっとも多いのが、頭・首・肩のこり、筋肉のこわばりから起こる「緊張性頭痛」。脳内の血管が拡張し頭の片側がズキズキ痛む「偏頭痛」もつらいまた、理性や感情を使いすぎると神経が高ぶり、神経伝達物質セロト二ンの大量放出で血管が広がり、それが知覚神経に触れて痛みが発生することも頭の痛みは、すべて脳からのSOSのサイン。風邪や首、肩のこり、ストレスなど、原因は様々ですが、ツボ押しで痛みを解消しましょう。首の後ろにある天柱は、緊張性頭痛の特効ツボ。ストレスなどが原因の頭痛には、腕にあるツボ、「内関」がよく聞きます。

 ただ、ドーンと殴られたような激しい痛みを感じる場合、脳内出血や、クモ膜下出血、あるいは、脳梗塞などの危険な場合もありますので、そのような痛みを感じたらすぐに病院に行って検査を受けるようにしましょう。