「曲線(きょくせん)」は、ひざの曲がるくぼみにあり、エネルギーが湧くツボ。足のトラブルに効き、ひざ周辺の血液の流れを整えることで、リンパや血液の循環をよくし、痛みや違和感を緩和します。曲線は、脚を伸ばし、力を入れたときに膝の内側にできるくぼみのややつま先側にあります。

ひざの痛みは、ひざの軟骨がすり減って関節が変形したり太ももの筋肉の衰えなどが原因です。ひざのまわりの血行をよくし、痛みをやわらげるツボを押します。ひざの痛みに効くのは、曲泉と陰陵泉のツポです。「陰陵泉(いんりょうせん)」は、ひざ下にある、エネルギーが湧き出る場所を示し、足・ひざ・腰のトラブルの他、胃腸、泌尿器などにも効きます。ひざから下の痛みやむくみ、だるさや、ふくらはぎのこわばりにも効果があります。

ツボ名にふくまれている「泉」」は、リンパ、血液、神経などが集まるところを示し、これらのツボを押すと、痛みはやわらぎ、だるさやむくみも解消。ツボの周辺を軽く押すだけで、リンパマッサージの効果も得られ、ひざや足がすっきりします。しかし、骨や筋肉の損傷をツポで治すことはできません。関節リウマチや痛風から起きることもあるので、激しい痛みがある時は、必ず医師による診察を受けるようにしましょう。