自己破産後も車を使いたい人が読む2つのポイント

自己破産では借金を0円にしてもらうことができますが、代わりに財産を処分しなければならないため、「自己破産すると車がなくなる」という話はよく知られています。

しかし、自己破産した人でも車を使う方法はあります。ここでは、自己破産しても車を失わないケースがあることを説明し、自己破産後でも車が買えるという話にもふれていきます。

自己破産しても車を失わないケースとは?

自己破産すると財産が処分されることになりますが、処分の対象に含まれるのは20万円以上の価値がある財産に限られています。

そのため、現在の査定額が20万円未満の車であれば、自己破産による処分の対象とはなりません。

ただし、自動車ローンが残っている車の場合、車の所有権はローン会社にあることがほとんどなので、自己破産で自動車ローンが整理されることによって車がローン会社に引きあげられることになります。

つまり、自動車ローンが残っていない車で、査定額が20万円未満のものであれば、自己破産しても手元に残しておくことが可能というわけです。

ちなみに、上記の条件に当てはまらない場合でも、体が不自由で車が不可欠な場合や、通勤にどうしても車が必要な場合などは、「自由財産の拡張」として車を残せる可能性があるので、弁護士などに相談してみてください。

自己破産の後で車を買いたい場合

自動車ローンが残っている車や査定額が20万円以上の車は自己破産で処分されることになりますが、その後車を新しく買うことについては、基本的には問題ありません。

ただし自己破産をするとローン会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録されてブラックリスト状態になるため、510年間は自動車ローンを組むことが難しくなります

自動車ローンを組まずに買える車であれば購入することに問題はありませんので、ブラックリスト中に車を買う必要がある場合は、一括払いで買えるものを選びましょう。

自己破産では自由財産として99万円以下の現金を残すことができるので、その中から車の購入費用を出すことも可能です。

まとめ

自己破産をしても、自動車ローンが残っておらず、査定額が20万円未満の車であれば、手元に残しておくことができます。

また、生活にどうしても必要な車であれば、自由財産の拡張として残してもらえる可能性はあります。

自己破産後に車を買うこと自体には何の問題もありませんが、自己破産をするとブラックリストの制限を受けるため、約510年間自動車ローンが組めなくなります。

ですので、自己破産後に車を買いたい場合は、一括払いで買えるものを選ぶのがよいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です