任意整理と特定調停とではデメリットや手続きに違いが出るの?

「任意整理と特定調停って特徴が似てるみたいだけど明確な違いはなに?」

「どちらかを選ぶデメリットが起こるとしたら例えばどんなこと?」

任意整理と特定調停の特徴が似ていることはご存知の人も多いかもしれません。

より円滑で有利に借金に対処するなら、どちらが今のご自分のケースにあっているのか判断に困っている人も、まずは任意整理と特定調停それぞれの手続きについてを把握し、違いやデメリットをピックアップしてみていきましょう。

任意整理の基本的なこと

今一度、任意整理について理解を深めていきましょう。

債務整理でも任意整理はあなた自身でも手続きを進めることは可能です。

しかし、払いすぎた利息がないかどうかの引き直し計算をしたり、慣れない書類の準備や交渉などがありますので、労力などを考えれば弁護士に介入してもらう方が何かといいでしょう。

専門家(司法書士や弁護士)に依頼すると債権者であるカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)へ受任通知が連絡され、督促の一切は一旦止まることになります。

任意整理は、裁判所を通さない手続きで、あなたの生活を立て直し再生に向け、返済計画の組み直しをカード会社と進めていくことができます。

過払い金があれば返還請求をしたり、利息分をカットしてもらう交渉をしたり、その交渉額の元本を3〜5年で返済できる支払い能力がある上での返済計画を了承してもらうよう、任意で和解交渉していくものです。

特定調停の基本的なこと

特定調停とは、借金苦からあなたの生活を立て直し再生に向け計画を立て直すことであることは任意整理と同じです。

あなたとカード会社の間に簡易裁判所が介入し、仲介役として交渉を進めてくれますが、裁判所へ出向き諸々手配するのはご自身でとなります。

引き直し計算で払いすぎた利息がないか確認していく工程も一緒です。

•特定調停の強制執行

通常、任意整理では財産の差し押さえや給与口座の凍結となってしまっていると任意整理の交渉に受け付けてもらうことは難しいです。

特定調停にはこれらの強制執行を停止させる制度があります。

これはあなたの申し立てにより、裁判所が強制執行をやめさせる必要があると判決がくだれば止められる効力があるのです。

任意整理と特定調停の共通点

✔︎任意での話し合いによりカード会社と和解をしていくこと

✔︎引き直し計算をして過払い金の有無をみる

✔︎減額できる借金額は双方ともほぼ変わらない

✔︎ローン付きの財産を守りたい場合は手続き対象から外すことができる

✔︎保証人に迷惑をかけたくない場合は手続き対象から外すことができる

★任意整理と特定調停の違い

✔︎裁判所を通すかどうか

✔︎手続きにかかる費用が変わってくる

✔︎過払い金請求という行為を一連の流れ内で対応できるかどうか

✔︎特定調停は書類を用意したり裁判所に自ら数回出向くことになる

✔︎受任通知による督促の停止時期にズレがあり特定調停はその時期が遅い

✔︎特定調停には差し押さえなどが通告されていても強制執行停止ができる

任意整理と特定調停のメリットデメリット

結論、あなたの状況に任意整理が良いか特定調停が良いかは、3つの観点「費用面・労力・差し押さえの状況」これらで見分けられることになります。

費用を抑えたいなら特定調停ですが、その分全てを自分で行わなくてはならないため、慣れない書類の作成準備や、実際に法廷に数回出向くことなどができるのか考えましょう。

具体的な費用としては特定調停ならばカード会社1件につき500円で、その他郵便代などで合わせて数千円ほどで済むでしょう。一方で任意整理の場合は、専門家に依頼するとカード会社1件につき2万円くらいからが相場となります。

しかし、費用面を重視したい人が注意すべき点が、過払い金が発生している時です。

過払い金が発生している場合は借金と相殺できるのはどちらの手続きでも同じことですが、過払い金が全ての借金を上回り超過が出る場合には、別途の手続きとして費用がかかることになります。

この点で任意整理の場合は、過払い金返還請求までの全ての点が含まれているので任意整理にメリットがあると言えるでしょう。

このようにあなたが差し押さえを受けているのかどうかの状況、費用の分岐点、書類準備知識や時間労力で、あらゆるケースを想定して判断する必要がありますので、一度専門家に相談して判断するのがベストだと言えるでしょう。

多くの弁護士事務所や法律事務所では最初の相談を無料で受け付けているところがほとんですので今のあなたの状況を整理して話してみましょう。

まとめ

・任意整理か特定調停を選ぶかは3つの観点(費用/労力/状況)で判断できる

・任意整理も特定調停も整理手続きする先のカード会社を選べる

・任意整理も特定調停も督促をストップできるがその時期には相違がある

・任意整理では裁判所の効力がないため差し押さえをとめることはできない

・任意整理では過払い金返還請求も一連の流れに加味されるが特定調停では別手続きになる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です